なぜ引きこもりになる?

ひきこもりになってしまう原因は、人によっていろんなので、一概に何が原因なのか簡単にはいえません。

ただ、ひきこもりになる原因として、最も多いのが次の4つです。

・学校や仕事に行くのが面倒
・いじめ
・社会に馴染めない
・コンプレックス(スイスの精神科医・心理学者ユングによって有名になった言葉だそうです)やコンプレックス(フロイトとユングはそれぞれ畭なった意味合いで使っていたようです)

学校や仕事に行くのが好きな人もいれば、嫌いな人もいて不思議ではありません。

皆様も学校や仕事に行くのが面倒に感じる場合もあると思います。

勉強や仕事と言う物は、非常に大変なことなので、そこから逃げ出したくなるのは当たり前です。

しかし、殆どの人は、それを我慢して生活をしているのですが、何かをきっかけに我慢できなくなった場合にひきこもってしまいますよね。

また、学校や職場でのいじめによって、ひきこもってしまうことも多いでしょう。

いじめときいて学校のイメージが強いだからと言って、最近では職場でのいじめも問題になっていますね。

そして、社会に適応出来ないということが原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)で、ひきこもってしまうこともあります。

これは、コミュニケーションが他人と上手に取れずに自信を無くしてしまうことが要因です。

それに、ルックスやスタイルなどと言ったコンプレックス(オーストリアの生理学者ヨーゼフ・ブロイアーが使い始めたともいわれています)によって、自分の住まいから出ない場合もあります。
ミュゼ 香林坊109

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/375745747

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。